初心者

使いやすさに配慮した、シンプルな3章構成を採用

 

今、私の目の前に「文章の書き方」に類する本が山積みにされています。そして私自身が、2011年に半年にわたって開講いたしました「Web文章の書き方講座」のために書いた原稿も手元にあります。私の書いた原稿は下書きを含めれば1000ページを超えます。会員の方にお送りしたのは、そのうちの300ページくらいです。それでも、ボリュームがありすぎるという反応がなかったわけではありません。

 

ここで、見逃すことができない、1つの問題点が浮かび上がります。

 

世の中にでまわっている書籍も、私の原稿も、長すぎるのです。読者の方から数多くのメールをいただきましたが、長いというだけで、実践される人には、たいへんな重荷となってしまう、そのことを皮膚感覚で感じ取らざるをえませんでした。

 

もっと短く、シンプルに語らないと、文章を書くことを楽しんでもらうのは難しい。

それが、半年間、Webライティング講座を開いた経験から得た、私の結論です。

 

そこで、「風花水映 Webライティング・スピードマスター」では、本編はシンプルな3章構成を採用。解説を簡潔にするだけでなく、教材そのものをコンパクトにまとめることを心がけました。

 

各章のテーマは以下のとおりです。

 

【第1章】Web文章の特質の理解と基本的な書き方

【第2章】読者を満足させ、アクセスを集める文章術

【第3章】自然と商品が売れてしまう文章術

 

1000ページを超える原稿を吟味し、効果が上がりやすい方法だけを厳選。

第0章の「本書の使い方」を含めてPDFファイル100ページ程度に凝縮しました。

 

ここまで、ノウハウを絞り込むのに、どれだけの時間と労力を費やしたことでしょう。なぜ、あえて短くしたかと申しますと、一人でも多くの方に最後まで読んでもらえる、そして実際に活用していただけるマニュアルにしたいからです。

 

お申込みはこちらから

ページ上部に